topimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-カミングスーン- - 2011.07.02 Sat

神だけに。
囮物語を読みました。
2ndシーズン最大の衝撃。
ここ数ヶ月読んだ小説の中では1番の作品でした。
読んで2日経ちましたが、未だに余韻が残ってる。
西尾、恐ろしい子。
どうも、赤城です。
解説とかネタバレとかはするつもりありません。

ちょっとした語り。
ボーカロイドと肉声。
ここ数年でボーカロイドというツールは飛躍的に広まり,注目されている。
アメリカでは全米デビューとしてクリエイト集団supercellの1stアルバム「supercell」の発売。
日本でもまだ片手で数えられるくらいしかやったことがない「ボーカロイド」のライブ開催。
ツールとしてではなく、偶像(アイドル)として見ている人の方が多いはず。
それで、ファンとクリエーターの溝ができているのもまた事実。
ボーカロイドは偶像になり過ぎた。
クリエーターが生身の人間の声で楽曲を制作しても、それを受け入れられなくなってしまった。
また、ボーカロイドの種類によって受け入れられなくなった。
そして、ネットで発展したボーカロイド=同人というイメージが強まり、
クリエーターがメジャーデビューしても受け入れられなくなった。
人々はクリエーターの制作する楽曲よりもボーカロイドという偶像を好んでいる。
この傾向は今後どんどん強まっていくだろう。
その先に果たして発展はあるのだろうか。


なんてことを、この動画を見たら思いました。
普段から思ってるんですけどね。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://classicnovice.blog55.fc2.com/tb.php/20-b2f8e389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-セイゾンセンリャク- «  | BLOG TOP |  » -カガクハンノウ-

プロフィール

赤城涼

Author:赤城涼
赤城な人.
小説書いてるつもりです.
絵を最近描いてません.

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
日記 (38)
執筆物 (1)
お知らせ (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる